実際にノートパソコンの前で絶えず上下しているマーケットを眺めているとすぐに取引をせずにはいられなくなるという欲求が生まれる方も少なくないだろう。でも、なんとなく感覚で取引するのは断じてしてはいけません。確かに、為替相場は昼夜を問わず、いかなる時でも外国為替市場は変化しているし、相場もいかなる時でも上がったり下がったりします。だからといって、何回も取引を重ねていると、その回数分だけ損失が生じる可能性が高まってしまう。無論、売り買いの数を積み重ねる事で少しずつ稼げる確率か50%、50%になるのは事実です。でもその事実は「なんとなくアイデアで売り買い」とは別問題です。取引回数を増やすということは自分で「ここは勝てる」と思いついたチャンスを得られたケースでの注文回数を積み重ねるという意味です。理由がなく、注文を重ねるのとは大きく異なります。市場の勝負に勝つためには自ら思案してけじめをつけることが重要です。「ここは勝てる」と思い至った市場の時にはいっそのこと保持ポジションを多くして、意識して儲けを追求する。「だいぶ頭をかかえる相場でどう上げ下げするのか読めないな」と思った時は、保持ポジションをすべてクローズして黙っています。このくらいのメリハリがあったほうか、結果的にエントリーは勝利します。為替相場の名言には「休むも相場」という言葉があります。まったく言葉どおりです。FXとは売買ポジションを保持する事が大事ではなく、売買ポジションを保持せずじっと見ていることも場合によっては相場です。それならば、どのタイミングで、休めばよいのだろうか。ひとつは、前に述べたように、最近の外国為替相場が曖昧でよく見えない時。そこからどうなるのか決断できない時は何も考えず行動すると、自分の作り上げた台本とは異なった方向に為替相場が変動してしまい損失を被ることになる。だから、このような状況ではポジションを無くしてそのままの状態で黙ってみているだけが良い方法です。次に、自身の健康状態が悪いときです。健康状態とマーケットに影響ないと考える方もいますが実際には影響を与えます。体調があまりよくなければ、外国為替相場の大切な状況で落ち着いた判断を下すことができなくなります。気分が進まない時は外国為替相場から遠ざかる事も大事な事です。

Copyright © 2002 www.cafecommon.com All Rights Reserved.